私は運動が苦手で論理的に教えられてもできないのですが、トレーナーさんに感覚派だと言われました。どういうことですか?

運動が苦手な人の為のパーソナルトレーナー安川秀幸です。

今回は運動の感覚派と論理派についてです。

人によって感じ方が違うので運動学習の仕方も違います。

論理派の方は秀才です。考えて準備して出来るようになっていきます。

感覚派の方は天才です。感覚を頼りに掴んでいきます。

僕自身は指導しているときは両面からアプローチをしているのですが、
人によって運動の覚え方が違うのでどうやったら覚えやすいのか知っておくと、トレーニングも効率よく行うことが出来ます。

秀才タイプと天才タイプの為のダイエット方法について。

秀才の勉強

秀才タイプのダイエット方法

秀才タイプの方はダイエットについてどういう原理で行っていくのか細かくやっていく方が向いています。

例えば食事における栄養素をどのようなタイミングでどんなバランスで食べるのか?

ビタミンの役割、ミネラルの役割、タンパク質を何グラム取るべきなのか??

など細かいことを決めて実施していくことをおススメします。

このタイプの特徴は一つ一つのことに意味づけをして取り組んだ方がやる気が出ます。

なんとなく食事制限や運動を行うよりも、子の食事は栄養素を補う目的でとる。この運動は痩せやすい身体を作るために行うなど細かいことを自分で知りながらやっていくとしっくりくると思います。

まさに秀才タイプ。

ダイエットをしながら沢山のダイエットの知識をつけていくといいので、専門家の意見を聞きながら学んでいくことをお勧めします。

一度成功してしまえばノウハウが身につくのでやる気さえあればいつでもダイエットを成功させることが出来ます。

正しいことを学ぶためにもパーソナルトレーナーなどの専門家についてもらってダイエットをすることをお勧めしたいです。

天才タイプのダイエット方法

次に天才タイプのダイエットについてです。

このタイプはそんなに細かいことを気にしません。

食事は糖質を少なくしまし

ょう。脂質を抑えましょう。タンパク質を多めに取りましょう。

などの大枠のダイエット方針さえ決めてしまえば自然と出来てしまうのが天才タイプです。

大枠を決めてしまって足りない所を専門家の助言をもらいながら進めていくことでダイエットが成功するでしょう。

このタイプは運動も感覚で行っているので出来ることはすぐできてしまうし、出来ないことを習得するのは難しいです。

考えるよりも実際にやってみて感覚で覚えていくことの方が向いているでしょう。

天才タイプはとにかく実践あるのみ!

ということになりますね。

自分に合ったダイエット方法を身に着けよう。

どんな方であってもダイエットが最もうまくいく方法は自分自身に一番合ったダイエット方法を身に着けることです。

ほとんどの方が自分に合ったダイエットが何なのかわかっていません。

自分に合ったダイエット方法は努力して見つけるしかないからです。

食事方法はどんな方法があっているのか?
どんなトレーニングや運動習慣が自分に効果的なのか?
何が合っていて何が間違っているのか?

ほとんどの方がわかっていません。

一部の指導者の方でも、型にはめ込むだけで本当にその人に合った方法を提示できていない人もいます。

ではどんな方法が自分に合っているのか見つけたいですよね?

そのためには正しいダイエットの知識を身に着けて自分の趣味趣向や生活に合ったダイエット方法を選べばよいだけです。

そのためにもプロに相談して自分に合ったダイエット方法を一緒に見つけて実践していくことをお勧めします。

本当に自分に合ったダイエット方法を見つける努力をすれば、
いつでも簡単にダイエットできます。
努力することもだんだんと簡単になっていきます。

今の自分がどうなのか?
目標は何なのか?

とにかく自分自身を知り自分に合った方法を見つけてくださいね。

自分に合ったダイエット方法まとめ

・天才タイプと秀才タイプがいる
・自分に合った方法を見つける努力は必要
・自分に適したダイエット方法を見つけると楽にダイエットが成功できるようになる

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーナー・安川秀幸

パーソナルトレーナー・安川秀幸

運動が苦手な人や、運動が嫌いな人専門のパーソナルトレーナー。元々運動が苦手で、学校の体育の成績は2でした。身長182cm 体重52kgのガリガリでコンプレックスだらけだった僕を変えてくれたのがトレーニングです。運動ができない人の気持ちが分かるので、運動苦手な初心者を教えるのが得意です。
応援クリックお願いします → にほんブログ村 その他スポーツブログ パーソナルトレーナーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。