自分の理想の体重・体脂肪まで痩せたので維持したい。どうしたら維持できますか? これ以上痩せてしまう可能性は?

運動が苦手な人の為のパーソナルトレーナー安川秀幸です。

今回は理想の体型が出来たのでどうやって維持するべきか?
について書いていきたいと思います。

体重、体型コントロールの基本

悪い食べ方

エネルギー摂取量とエネルギー消費量のバランス

まずは体重のコントロールに必要な事。

どこに行っても言われますが、やはりここは外せません。

エネルギー摂取量とエネルギー消費量のバランスです。
どのくらい食べてエネルギーを摂取しているのか?
どのくらい運動をしてエネルギーを消費しているのか?

この一点に尽きます。

エネルギー消費とエネルギー摂取のバランスさえコントロールできれば、
太ることも簡単、痩せることも簡単。
体形維持は自由自在です。

エネルギーバランスを整えていくことが大事ですね。

ただし、注意しなくてはいけないのは誰もが同じものを食べても吸収率が違ったり、
同じような運動をしても消費エネルギーが違ったりと個体差があります。

この人によって違う個体差を理解して自分に合ったバランスのとり方をしていきましょう。

摂取>消費 体重が増えます

体重の増える原理は摂取量が多く消費量が少ない場合です。
増えてしまうときはたいてい摂取エネルギーが多いということです。

リバウンドなんかもそうなんですが、ダイエット成功して気が抜けたことにより、
飲み会が増えた。
ついつい食後のデザートに手が伸びてしまう。
甘い飲み物を取ってしまう。

など繰り返していると体重が増加していきます。

摂取<消費 体重が減ります

逆に、摂取エネルギーが少なく、消費エネルギーが多いと、
どんどん体重は減り、痩せていきます。

理想の体型になってさらに痩せていく場合は、
まだダイエット生活が終わっていないと考えて意識的に食事を食べるようにしましょう。

痩せていく時点で消費エネルギーが大きくなり代謝が良くなっている可能性が高いので、
これ以上落としたくないという人は摂取エネルギーを増やして体重減少をふせぎましょう。

対策は結構簡単です。
一日に一回間食を増やす。
コーヒーにオイルを入れたり、
サラダにオイルをかけたりしてカロリーを増やす。

こういったことをしてあげると体重減少は止めることが出来ます。

考えるべきポイント

日常生活での活動量

実際に体形維持をしていくにあたって大事なことは、
摂取エネルギーと消費エネルギーのエネルギーバランスである。
ということを話してきましたが、実際にエネルギーが左右されることについて考えてみましょう。

まずは、日常生活の活動量です。
これによって消費エネルギーが変わってきます。

・一日どのくらい歩いているのか?
8000歩なのか10000歩なのか?あるいは3000歩なのか?

・普段はエレベーターやエスカレーターを使うのか?
それとも階段を使っているのか?

・運動習慣はあるのか?
どんな運動を何時間くらいどれくらいの強度でおこなっているのか?

・仕事はデスクワークなのか立ち仕事なのか?

これらを一度洗い出してみて、活動量の調整をしてみましょう!

僕の場合はトレーナーという仕事をしているので普段から動いています。
普通の人より消費エネルギーの多い生活習慣をしているので、
太りにくい生活習慣だと思います。

普段の食事のとり方

次に食事のとり方です。
これによって摂取エネルギー量が変動してきます。

・食事は一日に何回とっているのか?
・食事量は朝、昼、夜でどの時間が最も多いのか?
・おやつ、間食はするのか?
・飲み物は何を飲んでいるのか?
・食事は味の濃いものや薄いものどんなものが好きなのか?
・どんな食事をよく食べているのか??

などなど普段の食習慣を見直してみましょう。

僕の場合は一日三食です。朝と夜は炭水化物を控えめにしています。
味付けはあっさりしたものが好きなので摂取エネルギーは抑えやすいです。
ただ間食で甘いもの等を食べるのが好きなのでそれなりにエネルギーはとっています。

毎日体組成を図りながら調整していきましょう

先ほどお伝えしたように、同じことをしていても皆が同じようにはなりません。
個体差というものがあります。

この個体差によるギャップを埋めるためには自分自身を知る必要があります。
そのためにも毎日体組成計に乗って変化を見ながら生活することが大事です。

どのくらい動いてどのくらい食事を減らしたら痩せるのかわかります。
どのくらい食べて運動不足だと太るのかもわかります。

自分のことが良く分かれば、
先ほどの摂取エネルギーの調整や消費エネルギーの調整方法を試していけばよいだけです。
体形維持は簡単になります。

①活動量
②食事
③個体差

この三つを考えてコントロールをしてみましょう。

維持するより良い身体づくりをしましょう

より良い身体へ

生活習慣が決まれば自然と体形が決まる

体形維持をするためにはいかに自分を知り生活習慣の中にエネルギーバランスの考え方を落とし込んでいくか?
だと分かったと思います。

そこで逆に何をしたらよいかというと、生活習慣を先に整えてしまえばいいのです。

例えば、毎日デスクワークでお菓子を食べながら一日働いて夜はラーメンやマクドナルド
休日は家で過ごす。
こんな生活習慣をしていたら、身体は痛くなるし、太るし、病気になりそうですよね?

逆に、毎日太陽の下で身体を動かして働いて、魚や肉、彩の良い野菜などを食べて、休日は外出して軽く汗を流したりする。
こんな生活をしていたら健康的で身体もシェイプされてくるでしょう。

結局のところ身体の状態というのは生活習慣そのものと言っても過言ではありません。

生活習慣は体に現れるのです。

だから細かく考えるよりまずは生活習慣を作ってしまえば自然と身体はついてきます。

維持するよりもさらに向上しましょう!

体形維持、これを考えると今のままにしようと考えがちです。

でも人は年を取ります。
身体はストレスを感じるしダメージを受けるし、老化していきます。

それなのにそのまま維持でいいんですか??

トレーニングに限った話ではありませんが、
ただ維持しようとすると衰退していきます。

維持するためには、常に向上していく必要があります。
せっかく理想の体型を作り上げたのだから、さらに一段階うえの理想に向かっていくチャレンジをしていくことで、体形維持はうまくいきます。

思っていたより体が軽くとても美しくなっているかもしれません。

体形維持のまとめ

最後に、ダイエットで理想体重になった後どのように維持したらいいのか?

①まず身体の変化は摂取と消費のエネルギーバランスに影響される。
②エネルギー調整のために食事と運動を自分に合わせてカスタマイズする。
③習慣化こそ最強、そして常に向上心を持とう。

この三つに集約されます。

僕もいつまでも右肩上がりに身体を作り右肩上がりに生きたいです。
右肩上がりのトレーニングをしていきましょう!!

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーナー・安川秀幸

パーソナルトレーナー・安川秀幸

運動が苦手な人や、運動が嫌いな人専門のパーソナルトレーナー。元々運動が苦手で、学校の体育の成績は2でした。身長182cm 体重52kgのガリガリでコンプレックスだらけだった僕を変えてくれたのがトレーニングです。運動ができない人の気持ちが分かるので、運動苦手な初心者を教えるのが得意です。
応援クリックお願いします → にほんブログ村 その他スポーツブログ パーソナルトレーナーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。