ファスティング中にケーキを食べてしまいました。どうしたらいいですか

運動が苦手な人の為のパーソナルトレーナー安川秀幸です。

今回はファスティング中の食事についてこんな質問がありました。

ファスティング中にケーキを食べてしまった!
そんなときどうしたらいいのか??

これは確実にファスティングとしては失敗例ですね。

ファスティングのやり方をしりたい

以前の記事にもファスティングのやり方を書きましたが。

今回はファスティングを行う目的と失敗してしまったときにどのようにすべきか。
ファスティングの本当の目的を交えてお話していきます。

ファスティングの目的

ブッセケーキ

ファスティングの目的は腸内環境のリセット

まずファスティングの目的について。

ほとんどの方がファスティングダイエットや酵素ダイエット、
断食ダイエットと聞いて
考えることがあります。

それは、

体重何キロ落ちるの??

という疑問です。

ファスティングの目的はそもそも体重減少にあらず。

ファスティングすることによって腸内環境を整えたり、身体の代謝を活性化することだったり、健康的な身体を作ることにあります。

体重が減るのはあくまで副産物的な結果論。

体重減ったらラッキーくらいに考えておいてください。

その代わりとても健康的で痩せやすい身体づくりに役立ちます。

ファスティングによって体内酵素の温存

ではファスティングによって何が起きるのか?

具体的に話していきたいと思います。

ファスティングには身体の中の酵素の働きを助けてくれるという作用があります。

酵素には2種類あり、

一つ目が
消化酵素
食べたものを消化することを助けてくれる酵素の働きです。

そして
二つ目が
代謝酵素
身体の代謝を助けてくれる酵素の働きです。

人の体には決まった量の酵素しかもっていないと言われています。

その有限な酵素を日々の食べ過ぎ飲み過ぎによってたくさん消費をしています。
すると消化酵素はたくさん使われていきます。

逆に代謝を助ける代謝酵素は消化酵素でたくさん酵素を使ってしまうので、
代謝酵素が働きにくくなります。

そうなると体の代謝を助ける代謝酵素なので、
代謝が悪くなるのは想像つきますよね?

ダイエットにも健康にも代謝の良い身体づくりが大切なので、
ファスティングをすることによって消化酵素を温存しましょう。

すると代謝酵素がたくさん働いてくれます。

このようにファスティングを取り入れて酵素を働かせることが大きな目的の一つです。

ファスティングによる食習慣の改善

ファスティングには他にもダイエットに役立つことがあります。

それはファスティングをすることによる食習慣の改善です。

ファスティングは食習慣をリセットするのにとても効果的。

ついつい毎日お菓子を食べてしまう。
ついつい食後のデザートがやめられない。
ついついラーメンばかり食べている。
ついつい味の濃い物ばかり食べている。

など、ついついやってしまう食習慣をリセットするのに最適です。

ファスティングをすることで食習慣をリセットして、良い食習慣を身に着けたらダイエットは成功したも同然。

ダイエットは食事が8割といわれます。

どうしても食習慣が変えられない人はファスティングを機にいい習慣を作りましょう。

ファスティング中にケーキを食べてしまったら

ファスティング中の食欲に負けそうなときの対策

そして今回はファスティング中にケーキを食べてしまった場合。

明らかにファスティングのコントロールミスなのでまたその日は軽めに食べて翌日からファスティングの続きを行ったらいいです。

または、今回は回復食に切り替えて改めてファスティングの日程を決めるのもいいでしょう。

でも、
出来ればファスティングの途中にケーキを食べることはしたくないもの。

ファスティング中に食欲に負けない対策を考えておきましょう。

例えば、
食べ物が多いところには近寄らない。
なるべく一日家ですごす。
ファスティング中であることを周りの人に公言しておく。

などなど方法はいろいろあります。

もし食べるとしたら?

それでもどうしても何か食べないと死んでしまいそう!

そんな時はいったい何を食べたらいいでしょうか??

その時は回復食で食べるようなものを選ぶと良いんです。

例えば
フルーツ
野菜のスムージー
お粥
サラダ

このようなものを食べて食欲をしのいでいくとファスティングで思ったような効果を得ることが出来ますよ。

ケーキを食べてしまうとどうなるの?

もしも

ファスティング中にケーキを食べてしまうとどうなるのでしょうか??

ほとんどの方が腹痛やお腹を壊したりすると思います。

ファスティング中は内臓を休めることを目的としています。

急に油や砂糖でいっぱいのケーキを食べてしまうと内臓は急に働かなくてはいけないので、対応できなくなります。

それにより体調を崩してしまうこともあるので気をつけた方がいいです。

また、身体にとってはエネルギーを摂らない状態になっているところに急にたくさんの糖質と脂質を食べることになるので一気にエネルギーを吸収しようとします。

ダイエットの為にファスティングをしているのにダイエットどころか逆に太ってしまう可能性もあります。

ファスティングは計画的に

ファスティング回復食

ファスティングは始めたらやり切りましょう

ファスティング中に余計なものを食べてしまうと、
せっかく頑張っているのに逆効果ということもあります。

ファスティングを始めたら計画的に最後までやり切るようにすることが大事ですね。

ファスティングの目的を見失わない。

ファスティングの目的を見失わないことが大事です。

ダイエット自体もそうなんですが、体重を減らすことだけに固執してしまうとダイエットも失敗する可能性があります。

ファスティングは良い身体を作るために行います。

良い身体を作ることがダイエットの成功につながります。

ファスティングの目的は代謝の良い状態にするために酵素を温存すること。
良い食習慣を身に付けることです。

何事も目的を見失わないことが大事ですね

ファスティングをするにあたって重要なこと

①計画的にファスティングを行う
②ファスティングの目的は酵素の温存と食習慣の改善
③ファスティングでもダイエットでも体重を減らすことよりも健康的な良い身体づくりを優先

これらのことに気をつけて行えばファスティングでいいダイエットが出来ます。

専門家の力を借りて行うとうまくいきやすいので、パーソナルトレーナーやファスティングアドバイザーなどに相談してみましょう。

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーナー・安川秀幸

パーソナルトレーナー・安川秀幸

運動が苦手な人や、運動が嫌いな人専門のパーソナルトレーナー。元々運動が苦手で、学校の体育の成績は2でした。身長182cm 体重52kgのガリガリでコンプレックスだらけだった僕を変えてくれたのがトレーニングです。運動ができない人の気持ちが分かるので、運動苦手な初心者を教えるのが得意です。
応援クリックお願いします → にほんブログ村 その他スポーツブログ パーソナルトレーナーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。