ダイエット中にたべていいおやつ

運動が苦手な人の為のパーソナルトレーナー安川秀幸です。

今回はダイエット中のおやつについて。

皆さんおやつは食べますか??
ダイエット中の食事の食べ方として食事回数を増やすという方法があります。

ただ朝昼晩の三食を食べるだけよりも、おやつなどうまく食べて食事回数を増やすことでダイエットをより効果的に進める方法があります。

とはいってもやはり食べ過ぎNG。
ダイエット中のおやつとの付き合い方を身に着けちゃいましょう。

僕はスイーツ大好きなトレーナーです。

スイーツ好きなパーソナルトレーナー

ブッセケーキ

皆さんパーソナルトレーナーというと、全身日焼けをして黒光りしていて、
食事はささ身とブロッコリーばかり。

そんなイメージ持っていませんか??

僕はパーソナルトレーナーですが、スイーツが大好き。

いつもパーソナルトレーニング指導をしてダイエットのクライアントさんをたくさん抱えています。

毎年100人近い方をダイエット成功に導いているのですが、僕自身おやつは賛成派です。

何より好きなものを完全に断ってのダイエットなんて辛すぎて長続きしないのがオチ。

しっかり知識を身に着けて、どうしたら太らずにおやつを食べられるのか?

どんなものを食べたらいいのか考えていきましょう。

スイーツ好きなクライアントさん

ダイエットに成功したクライアントさんにもスイーツが好きな方、沢山いました。

週に5日は帰りにパンケーキやパフェなど食べて帰るOL
毎日シュークリームやアイスを食べるwebライターさん
毎日チョコがやめられない営業さん
食べることが仕事の社長さん

等々、いろいろな方がいます。

皆さんスイーツ大好きで、ダイエットやトレーニング中もスイーツの話で盛り上がります。

そんなスイーツ好きでも食べる量や時間を選べば断然痩せられました。

おやつを食べながらでも痩せることはできます。

ダイエット中どんなおやつを選んだらいいの?

糖質制限中は低糖質スイーツや脂質の多いものを選ぶといい!

ではどんなものをおやつとして食べたらいいのか?

エリスリトール入りスイーツ

例えば糖質制限ダイエット中のおやつについては、なるべく糖質の摂取量を減らしたいですよね。

そのような時は低糖質スイーツを選ぶといいですよ。

低糖質でも甘くておいしいおやつが今沢山出ています。
ポイントはしっかりと糖質量を把握して食べる事。

低糖質とは言え食べ過ぎたら糖質量が増えてしまうので要注意。

それから糖質の少ないおやつとしては、ナッツやダークチョコレートもお勧め。
脂質が多いので高カロリーでお腹が空きにくくなります。

またナッツは良い脂質であり、ダークチョコレートなども抗酸化物質が入っているのでとてもお勧めです。

カロリー制限中は低カロリーの間食をこまめに。

カロリー制限ダイエット中はなるべく低カロリーなものを。

スープ、おにぎり、ゼリーなどなるべく脂質の少ないものを選ぶといいです。

脂質の多いものは自然と高カロリーになるので、カロリー制限ダイエット中と、糖質制限ダイエット中とではおやつに選べるものも変わってきます。

カロリー制限は食べる量を減らしていくのでどうしても我慢することも必要ですね。

なるべくこまめに食べることで身体の代謝も上がるのでおやつを取り入れて、
すこしずつこまめに食べるようにしましょう。

パーソナルトレーナー安川のおススメ

僕がダイエット指導で最もお勧めしているのが、糖質制限ダイエット。

これは糖質制限も過度にやりすぎると負担になるんだけど、

一日一食だけ糖質を食べても良い。
他は糖質を制限した食材を選んで食べる方法を取ることをお勧めしています。

最もストレスが少なく、いろいろなものを食べられるからです。

この場合は糖質制限なのでナッツや低糖質スイーツをおやつにするといいでしょう。

運動も組み合わせて行っていくとエネルギー消費量が増えるので、おやつを食べても痩せやすい身体になります。

自分の行っているダイエットに合わせたおやつを選びましょう

おやつを食べるタイミング。

食事回数を増やすと代謝が上がる

食事の回数が増えると代謝が上がります。

ダイエットの食事の食べ方として、一日3食を一日5食や6食にする方法があります。
ただし食事の量は変えないで5食6食など食べることが重要です。

そこでうまくおやつを活用しましょう。

例えば朝食と昼食の間に少量のナッツを間食。
昼食を半分に分けて、昼と夕方で食べる。
そして普通に夕食を食べれば自然と一日5食です。

このようにすれば食事回数を増やせます。

ナッツの代わりにダークチョコレートや、
昼食の半分の代わりに低糖質スイーツなんかを選べば糖質制限をしながらおやつを選べます。

食事と食事の時間を空けすぎると危険

また、おやつを食べるタイミングとしては、
食事と食事の時間が空きすぎてしまう場合、間におやつを食べることです。

よくありがちなのが、12時に昼食を食べて夕食は夜の21時ころになってしまうパターン。

空腹時は筋肉も分解されてエネルギーとして使われてしまいます。

また空腹状態が続くと、夕食で食べ過ぎてしまったり、吸収が良くなっている状態で食べることになってしまうため食事の間隔を空けすぎるのはあまりお勧めしません。

夕方16時ころにおやつを食べると食事間隔も空きすぎないので空腹が続くリスクがなくなります。このおやつの時間にたくさん食べた場合は夜を減らせば一日のトータルバランスが整えやすいので、夕方におやつの時間を取るのはお勧めです。

是非実践してみてください。

ダイエット中のおやつまとめ。

ダイエットはスイーツ好きで成功できる話から、
方法は糖質制限を中心として運動をしながらダイエットを行うのが最もおススメだとお伝えしました。

そのなかでおやつはどうするべきか??

・選ぶものは低糖質スイーツやダークチョコレートやナッツを選ぶ。
・間食としておやつは食べた方が良いがタイミングを注意して一日の量を増やさない
・夕方におやつを取って夜の食べ過ぎを防ぐことでコントロールしやすくなる

上手におやつ選びして楽しくダイエットを成功させましょうね!

The following two tabs change content below.
パーソナルトレーナー・安川秀幸

パーソナルトレーナー・安川秀幸

運動が苦手な人や、運動が嫌いな人専門のパーソナルトレーナー。元々運動が苦手で、学校の体育の成績は2でした。身長182cm 体重52kgのガリガリでコンプレックスだらけだった僕を変えてくれたのがトレーニングです。運動ができない人の気持ちが分かるので、運動苦手な初心者を教えるのが得意です。
応援クリックお願いします → にほんブログ村 その他スポーツブログ パーソナルトレーナーへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。